スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆オーラス!再追加ライブれぽ9☆
熱い熱いコールの中、「Six Pack」のイントロが流れると、手拍子とともに、「え~~~!」っていうか「嗚呼~~~!」っていうか…声がしてまました。(;;)もう、本当に終わりなんだなあって…!きっと皆さん、同じ思いだったと思います。
でも!最後の最後まで、みんな、飛び跳ねまくりましたよ♪

そして間髪をいれずに『The Rainbow Star』!
イントロでケリーが「虹をかけろ~♪」と(多分)フェイクを入れてたと思うんですが…やっぱり思考ぶっ飛びで(大爆!)すんません!(^^;)

『ぴょんぴょこ日記』では、ケリーが先生を追いかけてたはずなのに、先生を追い抜かしてしまい(笑)先生がケリーを追いかけていることになってしまったり、ちょこちょこ☆走ってみたりと楽しそうでした!
『…おひつじ座の空 浮かぶ♪』で指差しポーズあり!(なみせはこれが大好きなので、一緒にやっちゃいました!)(≧∀≦)

歌い終わると、ケリーは「さんきゅう~vv」っていつものようにさっさと(笑)ハケてしまったのですが、会場は悲鳴と歓声と「ケリー・コール」の嵐っ!!みんな、ほとんど総立ちで
「ケリー!ちゃちゃちゃ☆」をやってました!

やがて静かな音楽の中、ケリーたちが姿をあらわすと、またまた悲鳴&歓声&拍手!
でもケリーが1歩進み出ると、みんな、ケリーの言葉を一言も聴き漏らさないように、
し~んとなりました。

ケリーは

「みなさん、今日は本当にどうもありがとうございました。
 僕は18歳から23歳くらいのときに、
 友人も家族でさえも人間というものがすべて信じられなくなって、
 今思うと、命に対して、失礼な考えを持ってしまったこともありました。
 でも、そんなとき、自分の支えになってくれたのが音楽でした。
 でも、その音楽は自分が一番恐れていた人間が作ったものでした。
 人は生まれながらにして悪い人はいないし、
 みんな、愛を持って生まれてきていると思います。
 でも、その愛が歪んでしまったり、伝え方を間違ってしまったり…   
 愛というものは、とても難しいものだと思います。
 今の世の中、目に見えるものばかりが信じられていて。
 でも、昔の人が天に手をあわせたように、
 『目に見えないもの』を信じることが、
 今、とても大切なんじゃないかなって僕は思います。
 
 僕、堂本剛が1人の人間として、男として、ここで愛を歌う事が、
 果たして正しいことなのか、わからないし、
 絶対に正しいとは言えませんが、
 でも、僕がここで愛を歌う事によって、
 ここに来てくださった方々の生活に、何かが生かされたり、
 愛が生まれたりしてくれればいいな、と思っています。
 今日は本当に沢山の愛をありがとうございました!」
 …っていう感じのお話をしました。

このお話は、100公演を通して、一貫してケリーが伝えたかったことなのだろうと思います。
特に、再追加では、ほとんと毎回、ニュアンスもあまり変えずに話していたように思います。
お母様が倒れられたときのことや、友達(おそらく森君)に『剛君は音楽を通して、何を1番歌いたいの?』ときかれて『やっぱり愛だ』と答えた話が織り交ぜられたこともありました。
ケリーの言う『愛』は、本当に意味が深くて、
でも、誰しもが持っているもので、かけがえのないもので。
目には見えないけど、確かにそこに存在するもので。
みんながそのことを少しでも意識して、お互いを思いやる事ができたら…。
上手くいえませんが、人間の生活の基本っていうか、
社会の基本って、そこなんじゃないかなって思います。
素敵な言葉や音楽を、沢山、心に投げてくれたケリーとバンドの皆さんに、感謝の拍手が沸き起こりましたvv
暗闇の中、バンドの皆さんが大きく手を振ってくださったり、深々と頭を下げられたりしていたのが印象的でした。

スポンサーサイト

テーマ : ENDLICHERI☆ENDLICHERI - ジャンル : アイドル・芸能

<< ☆オーラス!再追加ライブれぽ10☆ | home | ☆オーラス!再追加ライブれぽ8☆ >>

comment

post a comment

url:
comment:
pass:
secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
 

trackback


この記事にtrackbackする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。