スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6/25LoveEvent♪HIGHERれぽ4☆
20070703005442

画像はキーダさんのもう1枚の作品です。

ちなみにこの日のケリーは
黒ラメのスーツにグッズのレインボーTを着て
ネクタイもレインボーTをリメイクしたものをしていました。
髪型もスーツによく似合っていて
めちゃめちゃかっこよかったです!ヾ(≧∇≦*)ゝ

お客がみんなレインボーでハデ目(笑)なのに対して
幕が開いたらホストであるケリーやメンバーさんたちが
シックな格好をしていたので
『ヤラれた~っvv』(>∀<)って思いました!
しかも!
ギターは竹内さんと名越さんの夢の饗宴☆4ギターに
ドラムはしょうこさんとアルバムにも参加されてた江口さんの
ツイン・ドラム!
この贅沢なミニ☆ライブで
すでに会場はめちゃめちゃ盛り上がっちゃいました♪

剛「あ~どうも!こんばんわぁvv
 ようこそ!『Love Event HIGHTER』へ
 お越しいただきまして…」
客「かわいい~~っ♪」
剛「だからぁ…それは当たり前なの!(笑)」
客「かっこいい~~っ♪」
剛「今からもっとかっこいいとこ、見せちゃうかもよvv」
(きゃあ~~♪)(≧∀≦)
剛「今日はとても素敵な方もお招きしています。
  東儀 秀樹さんです!」

生で見た東儀さんは、すらりと長身で
オーラがあってとても素敵な方でした!
堂・兄で見たときから
『ケリーと絶対コラボして欲しい~!』って思った方が
沢山いらしたんじゃないかと思います。
まさに夢の饗宴vv





剛「東儀さんとは、実はお会いするのは2回目なんですよね?」
東「そうそう!」
剛「某番組(笑)で…笙という楽器を吹かせていただいて。
  『ENDLICHERI』という活動に
  何か共鳴してもらえるものがあるんじゃないかと感じて。
  で、そのあと、僕が手紙を書いたんです。」
東「まさか剛君からラブレターvvが来るとは思ってなかったんで
  びっくりしたんだけど!(笑)」
剛「いや、『どうしようかな~?』って悩んだことは悩んだんですけど
  結局、筆でお手紙を書いてお出ししたんです。」
東「あのね、決して綺麗な字とは言えない字なんだけれど(笑)
  見た瞬間に想いが伝わって来るというか…
  『やりたい!』と思いました。
  『一度共演したから…』とかそんな軽い気持ちじゃなくて、
  『この人、本気なんだな!』って見た瞬間にわかる手紙で。
  本当に音楽が好きで、僕の持っている笙とかそういう古代の楽器や
  歴史にもすごく興味を持ってくれているんだなっていうのが
  伝わってきたんだよね。」
剛「ありがとうございます!ラブコールvvして(笑)よかったです!
  さっき一緒にリハをやってて
  『あ~っ!これ録っとけばよかったぁ!』って思うくらい
  めちゃめちゃよくて…泣くよ?(笑)
  東儀さんが持っていらっしゃる楽器で、
  笙は天から刺す光をあらわしたもので『天』を
  竜笛は文字通り龍で『空』を
  篳篥(ひちりき)は『地』をあらわすもので…」
東「『天・空・地』でひとつの宇宙をあらわしているんだっていう話も
  したんだよね!」
剛「まさにENDLICHERIの世界観を表してしているなあって…
  他にもすごく不思議な共通点とかがあったんですよね?
  僕はスピリチュアルな方から
  『後ろに聖徳太子が見える』って言われたことがあって。
  僕は何故か12という数字に縁があるというか
  学校で出席番号が12番のことが多かったのもあって
  12という数字が好きなんですけど
  聖徳太子は冠位十二階を作ったでしょ? 
  …って僕が言っても説得力ないんで(笑)
  東儀さんから話していただいてもいいですか?」
東「うん。(笑)
  まず楽屋に案内してもらって驚いたのは、紫色で統一されててね。
  『こういう表には見えないところまで、
  すごく凝った作りになっているんだな~!』って思って。
  紫って聖徳太子の冠位十二階で最も高貴な色とされているんだよね。
  東儀家というのは先祖をたどっていくと
  今から1300年くらい前に摂政である聖徳太子の片腕となって、
  一緒に改革をしようとしていたらしいよ。
  1300年後に聖徳太子と何か関連があった
  子孫がまたこうして一緒に何かをやろうとしてるって
  考えると、すごいことだよね?
  きっと何かの縁がつながっているっていうことだと思う。」
剛「楽屋はなんかそういうのに詳しい方に見てもらったことがあるんですけど
  『夢殿』に似てるっていう話になって。
  で、僕、夢殿を実際に見に行ってみたんですけど
  『あ~なんか形とか似てるな~!』って思いました。」
東「八角形のところとかね!」
剛「はい。あと竜神の伝説のあるところとかも見てきました。」
東「それはプライベートで?」
剛「はい、番組とかじゃなく自分で行きました。
  奈良っていうと…
  あの『奈良遷都1300年祭』というのがありますよね?
  僕、あれに出たいなって思ってて…。」
東「それは言っておいたほうがいい!(笑)
  こういう場で『出ます!』って言っちゃったほうがいいよ!」
剛「じゃあ…出ます!(笑)」
(会場、拍手☆)
剛「あと、びっくりしたのが、龍のオブジェ!
  今はあそこに…ステージ上の僕と対峙するように飾ってありますけど
  僕が横浜でライブやってたときには龍のオブジェを頭の上に掲げて
  ライブやってたんですけど、その同じ時期に
  東儀さんも龍のオブジェを掲げてライブをされてたっていう…」
客「ええ~~っ?!」(@@)
東「そうそう!今は鳳凰なんだけど…」
剛「僕、実は車を買おうと思っててカタログで見てた時期があって…
  いいな~って見てた車が、丁度、鳳凰が施された車だったんですよ!」
東「ほんとに?!
  鳳凰は『陽』、龍は『陰』を表すって言われていて…
  『陰』と『陽』でやっぱり『宇宙』を表すんだよ!
  だから剛君がその車を買って乗ってれば
  『鳳凰に龍が乗ってる』ってことで…」
剛「『宇宙を操作してます♪』みたいなことになるんですね!(笑)
  みなさん、もし僕が鳳凰のついた車に乗ってるのを見たら
  『あ!宇宙だ!』って思ってくださいねvv(笑)」
東「僕はちょっとPOPS系なものもやるけど
  こういう日本古来の楽器をやっていて…
  剛君はFUNKという、ジャンルが全く違う2人がこうして出会って。
  でも、全く違うからこそ、何か凄いものができるんじゃないかって
  わくわくしてる!
  まだ出会ってから2回目で、剛君との関係は始まったばかりだけど
  すごく不思議な縁を感じるね。」
剛「ありがとうございます!そういっていただけると嬉しいです。
  本当に東儀さんの笙や竜笛が、ENDLICHERIの音楽と
  非常にマッチしていて…
  あとで一緒にやりますけども皆さん、ハンケチ(笑)を用意して
  お聞きください!
  東儀さん、ありがとうございました!」

…ということで、東儀さんとケリーは本当に不思議な縁でつながって
いるんだなって改めて思いました。
ケリーも東儀さんも興奮気味で(笑)目をきらきら☆させながら
もっとお話したそうにしていました。
ちなみに後から知ったのですが冠位十二階が制定されたのは
剛さんのお誕生日、4月10日だそうです。←(豆知識?)(爆)

この後、スクリーンに福山雅治さんからのメッセージ&フォトが
映し出されました。
「モノクロームの世界は Black&White
 モノクロームだからこそ 伝わるものがある
 モノクロームだからこそ 見えてくる世界がある
 それはとても ロマンチックなことなのです。」
というようなメッセージでした。
モノクロの風景写真が次々と映し出されましたが
風紋の残る砂丘とか、草むらに止めてある自転車とか、海辺とか…
本当は色がないはずなのに
空や海の青さや草の緑が感じられるような素敵なお写真でしたよ♪

そして十川さんもBlogで書いてらした
『Bag One』。
ジョン・レノンのリトグラフが入った白い大きなバッグを
ケリーが顔の正面で捧げもち、
中に入っているリトグラフが次々にスクリーンに映し出されるという
手法でした。
ケリーが白い手袋をはめて丁寧に扱っているのを見て
『すごい!本物だ~!』(@@)ってこっちもどきどきしちゃったのですが
それと同時に
「ヨーコさんにとってこれは愛するジョンの『遺品』なんだなあ!」
っていうことがひしひしと伝わってきました。
生前、ジョンが描いた自分の顔やヨーコの顔。
切り取った日常のひとコマ。
それはジョンが生きた証。
そういう貴重なものをケリーに託してくださったヨーコさんの想い。
これもまたひとつの大きな愛なんだと感じました。

そしてその大きな愛に応えるような、ケリーと東儀さんとのセッション。
『美しく在る為に』も久しぶりに生で聞きましたが
本当にケリーの歌声も『みなとみらい』からさらに進化していたし、
東儀さんの笙や龍笛も素晴らしくて圧倒されてしまいました!
心の中が浄化されていくようで、ケリーの言ったとおり
自然に涙が流れてしまいました。
『空が泣くから』もまさに、ぴったりという感じで
言葉が見つからないくらい、素晴らしかったです。(;∀;)
1300年の時を超えてきた音楽…というか、
天から聞こえてくるような音楽でした。
『堂・兄』を見たときから
「『空が泣くから』でセッションして欲しいなあvv」なんて思っていたので
こんなに早く夢が叶って嬉しかったです♪
お2人のコラボ、是非もっともっと実現させて欲しいです!

涙がまだ乾かないうちに、ケリーが
剛「…楽ちんでまちゅか?」(爆!)と一言!
剛「まだまだおもちろいことが続きまちゅからね~vv」
で、さっそく面白いことが!

スクリーンにスロットマシーンの映像が出て
スロットがからからから~って回ってチン!チン!チン!と止まると
そこにはクーサンが3匹!
またからからら~っと回って、今度はペリーがっ!(笑)
大仏さんとか誰だかわからないめがねのおっさん(爆)とか
いろんな種類があって楽しかったです!
ホントに細かいところまで予測不可能なイベントでした。
スポンサーサイト

テーマ : ENDLICHERI☆ENDLICHERI - ジャンル : アイドル・芸能

<< 6/25LoveEvent♪HIGHERれぽ5☆ | home | 6/25LoveEvent♪HIGHERれぽ3 >>

comment


いつも、レポありがとうございますhttp://blog21.fc2.com/image/icon/i/F994.gif" alt="" width="12" height="12" class="emoji">

東儀さんと剛くんのお話…

私も、堂本兄弟見た時から東儀さんとコラボして欲しいなhttp://blog21.fc2.com/image/icon/i/F992.gif" alt="" width="12" height="12" class="emoji">
ひょっとしたら、東儀さんとコラボするかも?って思ってたんです。

ケリーの言うとおり、
何か、東儀さんの雅楽の世界http://blog21.fc2.com/image/icon/i/F99B.gif" alt="" width="12" height="12" class="emoji">とケリーの音楽の世界http://blog21.fc2.com/image/icon/i/F9A4.gif" alt="" width="12" height="12" class="emoji">と合うなぁってhttp://blog21.fc2.com/image/icon/i/F992.gif" alt="" width="12" height="12" class="emoji">


剛くんと12の数字のお話…聖徳太子…東儀家のお話…雅楽の楽器の由来…龍…鳳凰…冠位十二階のお話

何か運命http://blog21.fc2.com/image/icon/i/F99F.gif" alt="" width="12" height="12" class="emoji">を感じましたhttp://blog21.fc2.com/image/icon/i/F991.gif" alt="" width="12" height="12" class="emoji">全て繋がった感じです。

東儀さんとのお話をここまで詳しく聞けるとは!!
とても興味があったので、嬉しかったです♪
ありがとうございます。
東儀さんとの“縁”といい、オノヨーコさんとの“縁”といい、このイベントはこれからのE☆Eの行く先を暗示しているようで、考えるだけでワクワクしますね!!

そしてこれからのE☆Eは、ケリーだけでなく、ファンみんなの力で道を切り開いて行くんだという方向も見えてきました。
みんなで新しい虹をかけましょうね!!

ai様☆

レスがものごっっつ遅くてごめんなさい!
いつもコメントありがとう☆

>全て繋がった感じ
本当にそうですね!
十川さんのBlogによると7/7の東儀さんのライブに
ケリーと一緒に行かれたようで…
きっと素敵な七夕☆を過ごす事ができたのでしょうねvv
イベントでは東儀さんもすごくケリーとお話ししたそうに
していらしたので
いつか『僕らの音楽』とかで共演して、じっくりお話している様子をOAしてもらえたらいいなぁ~♪(≧∀≦)
ひとつ頼みますよ~菊Pさん!(笑)

wadachan様☆
コメントありがとうございました!
私もすごく楽しみなトークだったので
わくわくしながら聞いていました♪
ラジオでもケリー自身言っていましたが
『ENDLI☆』は『縁取り』に繋がるよいネーミングだったのかも知れませんね!

ケリーは私たちにも素敵な縁を運んできてくれたように
思います。
ラジオの話を聞いていると、こういう形でのライブやイベントを行うだけでも、相当大変だったみたいですね。
アーティストの希望がすべて受け入れられるわけではなく
立地条件とか、予算とか、収益とか…
主催者側にしてみれば、大雑把に言ってしまえば
『低コストで(笑)高利潤であればいい』という企業体質も持っていると思うし。
傘の件もそうでしたが、とにかく私たちの声を上手く届ければ、ケリーたちアーティストさんたちの手助けになるのかなって思っています。(*^^*)
ケリーたちがこちらに手を差し伸べてくれて
私たちもこちらから手を差し伸べて
繋がって虹をかけることができたら…
きっと素敵なことがもっと沢山起こると思いますvv



post a comment

url:
comment:
pass:
secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
 

trackback


この記事にtrackbackする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。